一般的な陣痛から出産までの流れを知る

出産のときの流れ

分娩第一期

陣痛が規則的に、10分間隔で訪れるようになったら分娩陣痛となり、分娩のはじまりとなります。

分娩がはじまり、子宮口が全開大になるまでを「分娩第一期(開口期)」と言います。
「分娩第一期」は子宮の収縮が弱く、痛む時間よりも痛みが治まった時間の方が長いです。
時間経過で、徐々に痛む時間が長くなっていき、痛み出す時間も短くなっていきます。
子宮の収縮を繰り返すことで、赤ちゃんが出てくる子宮口が開いていき、全開大となります。

「分娩第一期」は、 潜伏期、加速期、極期、減速期と分娩期の中でも、もっとも長い時間がかかる期間です。
かかる時間は、平均的に初産の人は10時間から12時間程度、出産経験がある人でも4時間から6時間程度かかります。

分娩第二期と分娩第三期

「分娩第二期(娩出期)」とは、子宮口が全開大になり、赤ちゃんが産まれてくるまでの期間を言います。
また、一般的に、子宮口が全開大になった時に破水が起こります。
「分娩第二期」のこの時も、短い時間の間に何度も繰り返し、長く強い陣痛が起こります。
「分娩第二期」にかかる時間は、「分娩第一期」に比べると短く、初産の人は1時間半から2時間程度かかり、出産経験がある人は30分から1時間程度になります。

「分娩第三期(後産期)」とは、赤ちゃんがお腹の中から産まれて、役目を終えた胎盤がお腹の中からはがれて出てくるまでの間を言います。
赤ちゃんが産まれたため、子宮は収縮してへその部分まで下がります。
5分程度経過すると、「後産陣痛」という陣痛が起きて、胎盤が身体から押し出されてきます。
「分娩第三期」にかかる時間は、は20分から30分、長くても一時間程度です。


この記事をシェアする