陣痛から出産までの一般的な流れ

一般的な陣痛から出産までの流れを知る

陣痛から出産までのおおまかな流れ

出産と聞くと真っ先に思い浮かぶのが陣痛についてだと思います。 また、聞こえてくる出産時の話は陣痛についての話というのがほとんどです。 そんな、出産と密接に関係している陣痛は何故起こるのでしょうか 陣痛は、赤ちゃんを産むために必要な運動をしているために起きています。

「前駆陣痛」と「本陣痛」

テレビなどで見る出産時のシーンは、陣痛が始まってすぐに赤ちゃんが産まれてくるというものです。 しかし、実際に、陣痛が起きたらすぐに動くことが困難になるほどの陣痛になるわけではありません。 陣痛には大きく分けて「前駆陣痛」と「本陣痛」があります。

陣痛は何故起こるのか

陣痛には「前駆陣痛」と「本陣痛」二段階があります。
「前駆陣痛」は最初に起こる陣痛のことで、不規則に起きる陣痛が、規則的に起きるようになったら「本陣痛」になります。

「本陣痛」が起きる間隔が10分を切るようになったら「分娩期」になります。
「分娩期」は「第一期(開口期)」「第二期(娩出期)」「第三期(後産期)」三段階に分けられます。

「第一期(開口期)」は「本陣痛」になってから、子宮口が全開になるまでのことです。

「第二期(娩出期)」は、「第一期(開口期)」から、赤ちゃんが産まれ出て来るまでを言います。

「第三期(後産期)」は「第二期(娩出期)」から、体内の胎盤が出されるまでのことです。

出産にかかる時間は、一般的には初産の場合は11時間から15時間で、出産経験のある人の場合は、5時間から8時間ほどかかります。

出産の始まりは陣痛からというイメージがありますが、実際には人によっては異なります。
陣痛、破水、おしるし、胎動が減る、どれかが起きたら出産の合図になります。

おしるしは出産の最初の合図になります。
おしるしとは、出産の準備が進むと、子宮口が開き、赤ちゃんが入っている袋が子宮壁からはがれ、それにより出血が起こることです。
また、人によっては、はがれても出血しない場合があります。
おしるしが起きても、陣痛が必ずすぐに始まるという訳ではなく、数日たってから陣痛が始まる場合もあります。

破水とは、赤ちゃんや子宮の動きによって押されて、赤ちゃんが入っている袋が破れ、中の羊水が出てくることです。
陣痛がピークのときに破水が起こり、出産というのが一般的な出産の流れになります。
破水が起きた場合は、ばい菌が入らないように入浴などはしないで、すぐに病院に連絡を入れましょう。

出産のときの流れ

いざ、出産というときになった際の陣痛とその一連の流れは3段階に分けられます。 定期的な陣痛が訪れて、赤ちゃんが出てくる子宮口が全開になるまでの「分娩第一期」。 子宮口が全開になり、赤ちゃんが産まれてくるまでの「分娩第二期」。 赤ちゃんが産まれた後に、身体から胎盤が排出されるまでの「分娩第三期」です。

陣痛から出産までのおおまかな流れ

出産と聞くと真っ先に思い浮かぶのが陣痛についてだと思います。 また、聞こえてくる出産時の話は陣痛についての話というのがほとんどです。 そんな、出産と密接に関係している陣痛は何故起こるのでしょうか 陣痛は、赤ちゃんを産むために必要な運動をしているために起きています。

「前駆陣痛」と「本陣痛」

テレビなどで見る出産時のシーンは、陣痛が始まってすぐに赤ちゃんが産まれてくるというものです。 しかし、実際に、陣痛が起きたらすぐに動くことが困難になるほどの陣痛になるわけではありません。 陣痛には大きく分けて「前駆陣痛」と「本陣痛」があります。

出産のときの流れ

いざ、出産というときになった際の陣痛とその一連の流れは3段階に分けられます。 定期的な陣痛が訪れて、赤ちゃんが出てくる子宮口が全開になるまでの「分娩第一期」。 子宮口が全開になり、赤ちゃんが産まれてくるまでの「分娩第二期」。 赤ちゃんが産まれた後に、身体から胎盤が排出されるまでの「分娩第三期」です。